ネイルと爪の長さ

NO IMAGE

ネイルをするに適している爪の長さはあります。

ネイルに適している爪の長さというのは人それぞれ違っていると思いますが、あまり長くしても限界というものがあります。長くしすぎてしまうと日常生活で不便さを感じたり、どこかにぶつけてしまったときに折れてしまうというようなこともありますから注意が必要です。また自分に害があるだけならまだいいのですが、人をケガさせてしまう恐れもありますから気をつけましょう。

またネイルをしている爪が長すぎると、あまり見た目にも上品には見えません。適度な長さというものがあるので、適度な長さで保つことが大切です。つけ爪をするという場合にも同じことが言えるのですが、つけ爪の重さで本当の爪の根元が痛むこともありますから、自爪を傷めているのでは意味がありませんし、回復するまでに時間がかかることもあるので注意が必要です。

限界といわれているネイルでの爪の長さとしては、フリーエッジが爪全体の3分の1くらいになっていて、ネイルヘッドの半分になってくるともうこれ以上は限界ということになります。理想的なネイルをするのに適している爪の長さとしては、フリーエッジの上の白い部分が爪の全体からみると4分の1位の長さになっているというのが理想的な長さといわれています。

ネイルで爪の長さによってバランスなども変わってきますから、爪の長さについては実は意外と大切です。爪をカットするときには爪切りで切らずにファイリングといって爪やすりを使うのが一番です。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事