にきびケアの正しい洗顔方法

にきびケアの正しい洗顔方法
にきびケアにとって洗顔は大事なものですが、具体的に正しい洗顔方法とはどのようなものなのでしょうか。

けれども、洗顔を繰り返しやっていればにきびがなくなるという話では決してありません。2回か、3回ほどの洗顔を1日に行えば十分です。洗顔時に気をつけたいこととして、肌にダメージを与えないことがあります。

最初は洗顔料を使わず、顔をぬるま湯でさっと湿らせてから、洗顔剤を使います。ふるま湯で軽く洗うだけでも、余計な油分や皮脂を洗い落とすことができます。

素洗いの後、洗顔石鹸をよく泡立てます。うまくできない人は、泡立てネットを使って泡立てる洗顔方法がおすすめです。泡でやさしく洗顔を行いましょう。泡を使って頬、鼻、こめかみといって皮脂の多い部分をマッサージします。強くこすると皮膚が痛んでしまいますので、そっと洗ってください。

あごや首筋もにきびができますので、忘れずに洗います。泡が皮膚に残ると皮膚への負担になりますので、最後はきちんとすすぎます。タオルで顔をふく時は、顔の水分をタオルに吸収させるようなつもりで、顔をこすらないように気をつけるようにしてください。

にきび予防に効果的な洗顔を行うためには、皮膚を絶対にこすらないことです。正しいにきびケアの洗顔を実践して少しでも早くにきびが改善すると良いですね。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事