脇の脱毛と女性ホルモンの関係

NO IMAGE
女性ホルモンの存在は、脇の脱毛に関係しているようです。

エステの脱毛コースは、むだ毛の量や施術範囲によって施術料金に結構な影響があるとされています。脇の脱毛処理方法はさまざまありますが、脇の毛やムダ毛、頭髪の毛が濃い薄い、毛の量が多い少ない、といった差には女性ホルモンと男性ホルモンが関係している、とされています。

毛は毛包によって新しく作られていますが、出生直後は同数で、それ以後は男性ホルモン量で変動します。毛包の数は14歳までが目安となり、一人一人が毛包が成長したり、退化するなどして変化します。

ムダ毛の量は、女性ホルモンが多いと減る傾向があります。女性ホルモンがよく出る方ならば、脇毛が多くない事例をよく聞くようです。ホルモンの分泌は遺伝だけでなく、健康状態、ストレスなども影響するので、脇などのムダ毛の量にもかなりの個人差があります。

女性ホルモンの分泌量によってムダ毛の量や脇毛の再生スピードは変わりますが、年齢やストレスの影響もあるといいます。大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのように体に作用して体毛の増加を抑えつつ、お肌の状態をより良いものにする作用があると言われています。

大豆を原材料とする納豆や豆腐、豆乳を積極的に取り入れ、大豆イソフラボンを確保したいものです。大豆イソフラボンを含んだ、抑毛ローションやジェルなども販売されているので、普段の脇の脱毛処理と一緒に利用してみることでも、脱毛の相乗効果が期待できます。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事