標準体重と美容体重

NO IMAGE
ダイエットをする場合にまず気になるのが体重ですが、目標とする数値を決める場合に目安となるのが標準体重です。

健康にいい体重がどのくらいかという判断基準で、標準体重は決まります。痩せすぎでも、太りすぎでも健康にはよくありません。

身長(m)を二乗し、22を掛けると標準体重が出ます。
人間の体は個人差が大きいので、標準体重の計算の方法は、あくまで目安の一つと言われています。標準体重がどのくらいかは、骨格や、筋肉の多さによっても違うため、参考データとしてとらえましょう。

標準体重では太り気味だと感じる人もいます。見た目の理想と、健康的に望ましい体重には開きがあります。標準体重であってもあと少しスリムになりたい、ボディラインをすっきりさせたいという人はたくさんいます。

見た目を美しくするために体重を減らしたい場合は、標準体重よりももっと痩せた美容体重という数字を指針にすることがあるといいます。

美容体重は、身長の二乗に20を掛けた数字で表せます。
モデル体型になるともっと細く、身長の二乗に17を掛けた数がベースになります。細くなることにこだわりすぎると、健康的な体重でいられなくなります。体重が減ればきれいになれるとは限りませんので、体脂肪率の低下や、体型を意識したダイエットをすることです。

標準体重を始めの目標にしてダイエットを行い、キュッと引き締まった体になるようなダイエットをするといいのではないでしょうか。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事