子供の紫外線カットについて

子供の紫外線カットについて
大人だけでなく、子供も紫外線カットはした方がいいのでしょうか。

日本人の肌は、日焼けによって黒くなりやすい性質があります。黒い部分はメラニン色素です。大人も子供も、強い紫外線を浴びるとそれをカットするため肌がメラニン色素を作ります。強い紫外線を一切カットせずにうけていると、肌を傷める原因になってしまいます。

日焼け止めクリームは、SPF20~30ほどのものを外で遊ぶ子供にはつけてあげることが紫外線カットになります。紫外線カットだけでなく日射病予防のために、風通しが良く色の薄い帽子をかぶせてあげることも大事です。最近は水着にも紫外線カット加工がされているものがありますので、選ぶ時にチェックしてみてください。紫外線のカットのためにも、露出する肌には日焼け止めを塗りましょう。

顔には肌に優しい弱めの日焼け止めを塗るようにします。海水浴では、海水の塩分を肌に付着したままにしておくと、紫外線の作用で肌荒れの要因を作ります。海水を肌に残さないよう、シャワーで隅々まで流しましょう。また、子供の肌は紫外線の影響から赤くなっていたら、シャワーで冷ますと落ち着かせられます。シャワーのあとは、水で濡らしたタオルや氷水を入れた袋を患部に当てて火照った体を冷やしてあげましょう。

日焼けによる炎症を緩和するための鎮静消炎剤軟膏も販売されていますので、それらでケアをしましょう。紫外線のカットについて大人ほど神経質になる必要はありません。最低限の紫外線カットをすることが子供の肌のためには必要です。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事