カミソリで肌の負担を減らして安全にムダ毛をケアする方法

NO IMAGE
薄着のシーズンが近づくと、ムダ毛を処理する機会が増えてくるという人は多いようです。

かつては、カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりという方法が定番でしたが、肌トラブルの原因になるので要注意です。カミソリでムダ毛をケアすると、毛を剃るときに一緒に角質層まで削りとってしまいます。

外界の刺激が肌を傷めないように角質層の存在がありますので、カミソリで角質層に小さな傷をいくつもつけると、乾燥や肌荒れの原因になります。皮膚は傷がつくと、身を守るためにしみの物質であるメラニン色素を多くつくります。

また、毛抜きは危険なケア方法であり、ムダ毛を無理に引き抜くと毛穴周辺の毛細血管が傷ついて出血をすることがあります。傷ついた部分から雑菌が入り込むと腫れの原因になりますので、できるだけ違う方法を選びましょう。

準備や対策を整えて、注意点をきちんと理解した上で、カミソリや毛抜きでのムダ毛処理をしましょう。何も塗らずにムダ毛をケアすると肌を傷つけてしうので、必ずローションやクリームを塗ることが大切です。

カミソリでムダ毛を剃る場合、刃先の清潔さや切れ味の良さも考えましょう。汚れたカミソリは肌を傷めてしまいます。クリームやローションをお肌につけて、摩擦が高くなるようにしてから、ムダ毛の処理を行います。

ムダ毛を処理した後は肌が弱くなっているので、保湿ローションやクリームによる保湿ケアをしていたわってあげましょう。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事