保湿クリーム
防寒が必要な季節になると、湿度の低下と共にお肌の乾燥も一層しやすくなり、保湿クリームの重要性が高まります。

10月を過ぎる頃には寒くなると共に乾燥しやすい気候になります。空気中の水分量ず少なくなるために、湿度が大幅に下がります。空気が乾くと、肌からの水分蒸発も促進されるようになり、肌が乾燥しやすくなるという仕組みです。

気温が低い日に、保湿クリームをつけない状態で屋外にいると肌が乾いてつっぱりやかゆみを感じることがあります。冬になると肌が乾燥しやすいのは、寒いことで肌の生来持っている保湿力が下がるためともいいます。

保湿力を失った肌はちょっとした刺激にも敏感になり、かゆみを感じたり、保湿クリームやローションが利用できなくなってしまったりします。肌が乾燥したためにあかぎれやひび割れになる場合もありますので、お手入れは怠らないようにしましょう。

人体の7割は水分でできているので、何よりも極度の乾燥は、最終的にシワやたるみにつながってきます。肌をしっかり保湿することはとても大事です

。顔のシワやたるみが出来ないように、肌を保湿するクリームは自分の肌にあったものを選びましょう。肌のお手入れを施す時には、保湿クリームを入念につけて肌を乾燥からガードしてください。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事