フォトフェイシャルとレーザー治療の違い
レーザーとフォトフェイシャルの光はどちらも同じではないかと考えている方がいるようです。

最近登場したばかりのフォトフェイシャルと前々から使われていたレーザーとでは、明らかな違いがあります。

従来のレーザー治療の場合、レーザーの強い光を肌表面に当てるため、レーザーを当てた部分に色素沈着やカサブタが残ってしまうことがあります。レーザー治療後の数週間は施術部位に触れることが出来なかったりといった煩わしい難点もありました。

フォトフェイシャルの場合は、カメラのフラッシュのような優しい光を肌表面に当てるので、肌への負担がレーザー治療に比べると少ないのが特徴です。手術後の化粧も、フォトフェイシャルならできますので何かと便利です。

フォトフェイシャルなら、日頃から人と接することが多い忙しい方でも、手術時間さえ確保できれば施術を受けられます。

フォトフェイシャルではなくレーザーを使う時のネックに、施術範囲が狭まりがちという点があります。フォトフェイシャルの利点は、広い部位を一気に施術可能だという点です。

治療時間もレーザー治療に比べてとても短くて済むのもフォトフェイシャルのメリットです。最新の美容手術としてフォトフェイシャルが見なされている要素として、肌の引き締めやしわ解消など、色々な美肌効果が一度の施術でまとめて得られるということもあるようです。

現在レーザー治療を受けようと思っている方は、フォトフェイシャルも合わせて比較検討してみてはいかがでしょうか。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事