妊娠中に行うダイエットの弊害

妊娠中に行うダイエットの弊害
母体にも胎児にも負担をかけずに子供を産むためには太りたくないという人がいます。

妊娠時は、ダイエットをしていいのでしょうか。胎児のうちはそれほど育たないほうが出産の負担が軽くなるという人や、妊娠していてもスリムでいたい人もいます。

妊娠と、痩せ体型を両立させたいという考え方が適切かどうかはさておき、妊娠時はダイエットはしないほうがいいでしょう。

胎児は、妊娠直後の時点ではあまりエネルギーを使いませんが、妊娠後期に入ると成長のために母親の体内にあるエネルギーを使っていきます。そのため、妊娠している女性は体脂肪やコレステロールが上昇にすることになります。

低体重で出産される子供が増加していることが、近年では問題になっています。背景にあるのは、女性達がダイエットを好むという時流です。

母親が妊娠している時にダイエットをすると、お腹の子共が十分に育てなくなります。生まれてからも、合併症を発症したり、発育不良になる場合、低体重出産だった可能性があります。

お腹に赤ちゃんがいる時にダイエットをすると、赤ちゃんの育ち具合もよくありません。肥満体質の一因に、妊娠中に母体が十分に栄養摂取をしていなかっった可能性があるといいます。栄養不足の環境で育てられたために、わずかな栄養でも体内に取り込もうとするようになるようです。

お腹の子と、自分の体をいたわるためにも、妊娠している時はダイエットをしないことが重要です。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事