コレステロール値が気になる人が食事で気をつけたい点

コレステロール値が気になる人が食事で気をつけたい点
血液中のコレステロールを上げないようにするためには、食事が鍵を握っています。

カロリーオーバーの食事は、余剰カロリーが脂肪の蓄積に結びつくのでほどほどにしましょう。身体に内臓脂肪がつきすぎると、ホルモンバランスが崩れて脂質を消費しづらくなり、コレステロール増加の要因になることがあります。

大豆加工製品を意識して食べることで、コレステロールを下げることが可能です。食事をすると、胆汁酸によって大豆タンパクは便になり、体の外に出ていきます。

コレステロールをつくるためにはコレステロールを使うため、より多くの胆汁酸を使う時ほど、コレステロールを下げることができます。コレステロールがたくさん入っている食材は避けて、普段の食事を組み立てる工夫も有効です。

人間の体はコレステロールを生成していますが、食事で得た場合は体内でつくる量を少なくして調整をしています。血液検査などでコレステロールが高くなっていたら、食事にも注意をしたほうがいいでしょう。

キノコや野菜、海草類など、食物繊維が豊富な食材を食べるよう心がけることも重要です。どの食材が食物繊維が多いかを知っておくことで、胆汁酸の排泄しやすくする食物繊維を食事に取り入れやすくなります。

普段、自分が何を食べているかを振り返ってみることで、コレステロール増加の原因がわかることもあります。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事