大人のにきび肌の原因

大人のにきび肌の原因
にきびができる年代は十代が多いといいますが、二十代以降もにきびができる人がいます。

お肌のにきびはなぜできるのでしょう。
肌のコンディションが、にきびができやすいものになっているために、常に肌ににきびがあるという人もいるといいます。

成人してからのにきびは、若い時のにきびと違います。
大人のにきびは、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れなどが原因になっています。

大人になるとストレスの多い生活を送る人や、生活のリズムが整わないという人も少なくないといいます。便秘や紫外線、乾燥肌、誤った化粧品の使い方も大人にきび肌の原因だといいます。

肌ににきびができるのは、これらの要因によって毛穴に分泌された皮脂が詰まるためです。毛穴の大もとには毛包があり、皮脂を分泌する皮脂腺につながっています。そのために、皮脂の分泌過程で毛穴が詰まるのです。

もともとは、皮脂腺でつくられた皮脂は毛穴から顔の外に出ていきます。しかし、それ以外の刺激で毛穴の周囲の角質が厚くなるなどで毛穴が狭まったり、ほこりや古くなった角質層が毛穴を塞ぐと、皮脂は毛穴から出て来れずに詰まってしまうのです。

症状が軽いうちは白いにきびですが、悪化していくにつれて黒にひぎ、あかにきびと段階的に変化します。さらに悪化して大きく膨れ上がると黄にきびになります。炎症を伴ったにきびは、肌ににきび痕を残すことがあります。

健康的な生活や食事をすることで、お肌のにきびを解消することができます。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事