炭水化物ダイエットにチャレンジしてみませんか

炭水化物ダイエットにチャレンジしてみませんか
何をすれば炭水化物ダイエットができるのでしょう。

洋食中心でも和食中心でも、炭水化物ダイエットは可能です。具が多い味噌汁と納豆、低脂肪乳にご飯100gを朝食に摂取することで、和風な炭水化物ダイエットができます。

洋食で炭水化物ダイエットをする時は野菜多めのスープと食パン、低脂肪牛乳とローオイル目玉焼きで、いずれも400kcal以内に抑えます。

コンビニ食やレストランの食事でも主食量が保持できれば制限はありません。サンドイッチ2切れという食事でもいいので非常に融通がききます。

細々とした約束事が多い一般的なダイエットと比較して、炭水化物ダイエットは覚えやすく実行しやすいといえます。炭水化物ダイエットのいいところは、続けやすく中断しにくいという点でしょう。

炭水化物ダイエットでは、夕食のメニューは500kcal以内に留め、主食と主となるおかずに小皿を一品足したものにしましょう。

炭水化物ダイエットでメインに据えられるおかずはいろいろです。豆腐ハンバーグ、キャベツオムレツ、麻婆豆腐、鶏肉のキムチ炒め、鮭のカレー醤油焼き等はカロリーが低めのおすすめのメニューです。

ポテトサラダや納豆サラダ、ブロッコリーとエリンギを焼いたものなど、副菜として使えるメニューのバリエーションも様々なものがあります。

炭水化物ダイエットを成功させるためには、日頃から油脂が少なくカロリー量の少ない食事を選択することです。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事