ダンスで健康的にダイエットをしよう

ダンスで健康的にダイエットをしよう

年齢や性別問わず、ダイエットをしているという人は多いのではありませんか?

そのためとは言え、好きなものも食べられないような厳しい食事制限や激しい運動には我慢がつきものです。
しかし、そんな我慢をして行わなければいけないものは長続きしないです。
途中で挫折してリバウンドして体重が逆に増量しまう可能性や、無理を続けることによって健康に害を及ぼしてしまうということにもなりかねません。

そうならないためにも、楽しく長く続けることができる方が結果的には効果があると言えます。
そこで健康的にダイエットするのにおすすめなのがダンスです。その効果や魅力についてご紹介します。

【ダイエット効果と健康効果】

〈1.新陳代謝がアップ〉
ダンスは全身を使って行う有酸素運動の1つです。
体全体を動かすことで、インナーマッスルと呼ばれる体内の筋肉が刺激され、エネルギー効率が上がり新陳代謝がアップします。これは痩せやすい身体づくりのためには欠かせないことです。それに加え、全身を動かす運動ですので、体内の血流や血行も良くなり、老廃物の排出や脂肪燃焼も促進されます。

〈部分痩せも可能〉
食事や運動では部分的に痩せることはできません。
しかし、ダンスは種類によって身体の使う部分を変えることができます。
お腹を中心に動かすものや腕を頻繁に使って動かすものなど、自分が痩せたいと思う部分に焦点を当ててエクササイズを行うことが可能です。
また、普段の生活の中では使うことがない部分も意識して踊ることで、脂肪のつきやすい場所にアプローチすることもできます。

〈2.病気の予防・改善効果〉
全身を使って踊ることで、消費カロリーがアップします。
これは、糖尿病など生活習慣病の予防やメタボリックシンドロームとして問題となっている内臓脂肪を減らすにも効果があります。
また、全ての病気の原因とも言われるストレスの解消にも役立ちます。ストレス社会と言われる現代において、ストレス解消は病気を防ぐ“未病”にとっても大切なことと言えます。自分の好きな音楽をかけて、それに合わせて踊るのは精神や心の健康にも良い影響を与えるのです。
それ以外にも、踊ることは体だけでなく脳にも刺激を与えるので、アルツハイマーなどの脳の病気の予防にも効果的だと言われています。

【ダイエット向きなダンスとは?】
たくさんの種類がある中でも、消費カロリーが最も高いのがヒップホップです。
1時間踊り続けると230〜325kcalほど消費できます。難易度は高いですが、カロリーの消費量を重視するのであればこれが1番効果的だと言えます。
その次に高いのが、タヒチアン又はベリーダンスです。
これらは消費カロリーだけでなく、腰を動かす動作が中心になるので、お腹周りや腰の辺りを中心に痩せたいと考えている人には最適です。特に女性は、その辺りに脂肪が付きやすく、くびれたウエストラインを手に入れたいと考える人は多いと思いますので、特におすすめです。それ以外にもお腹辺りを動かすことで、腸の動きが活発になり、便秘改善にも効果があります。

【まとめ】
いかがだったでしょうか?
ダイエットを成功させるためは、まず無理なく楽しく続けられることが大切です。
踊るという動作は道具が一切必要なく、自分の体1つで始めることができます。やり方がわからなければ、インターネットの動画や市販のDVDなどを参考にするのも1つの方法です。手軽にできる方法として人気があるため、年々たくさんの種類のDVDが発売されています。
無理な制限や我慢が必要がないダンスは健康的にダイエットするのには最適です。そのためには自分のレベルに合わせて、楽しいと感じながら行うことが大切です。

■スマートフォンを腰に装着!ランニングやジョギングに!
スマホ ウエストホルダー ランニング スポーツ ホルダー ポーチ

・リフレクター付きのスマホポーチ
スマートフォンはもちろん、カードや小銭、家の鍵などランニングに最低限必要なものを一つに収納することが出来るウエストバッグ。
専用設計のスリムなデザインなので装着したままでも運動の邪魔になりません。
入れたままでスマホが操作できる上に、イヤホン用の穴も完備で快適にご利用いただけます。
・ランニング専用設計
撥水性の高い素材を使用することで突然の雨や汗から中の荷物を守ることが出来ます。
・スマホと小物は分けて収納
スマホ用のポケットと小物収納用のポケットが分かれているので
スマートフォンが傷つくことなく仕様いただけます。また、小さい物の紛失も防げる安心設計です。

雑学・お役立ち情報カテゴリの最新記事